当院の篠島亜里医師が
アメリカ航空宇宙医学会で受賞をしました

篠島亜里医師がアメリカ航空宇宙医学会で
日本人として向井千秋宇宙飛行士以来となる受賞をしました。

南青山アイクリニックで網膜硝子体外来を担当している篠島亜里医師が8月29日から9月2日までアメリカで開催されたAerospace Medical Association(AsMA)というアメリカ航空宇宙医学会で受賞をしました。
これは日本人としては「日本人女性初の宇宙飛行士」として活躍され、スペースシャトルに2度搭乗された向井千秋宇宙飛行士以来となる受賞です。

篠島医師