ドライアイ治療について(専門外来あり)

ドライアイとは涙の蒸発量の増加や、分泌の減少、質の異常によって目の表面の健康が保てなくなる病気のひとつです。現在日本のドライアイ人口は1000万人を超えるともいわれます。 南青山アイクリニックでは国内で行えるほとんどの治療が可能です。現在新しい点眼薬の治験を行っております。

症状

ドライアイ

ドライアイの自覚症状は多様で、感じ方には個人差があります。乾いた感じがする、目が疲れる、ゴロゴロする、目が重い、目がしみる、ヒリヒリするなどのほか、充血する、涙や目やにが多く出る、光がまぶしい、視力は良いのに何となく見づらいなど、様々な症状があります。

原因

いくつか考えられますが、原因は複合的と考えられています。特に最近増えているのがパソコンやテレビ、携帯電話などの画面を見続ける生活により、まばたきが減り乾きやすくなることや、コンタクトレンズの長時間・長期間使用により、目の表面があれて涙の安定性が損なわれることなどが原因と考えられます。また、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患や、スティーブンスジョンソン症候群などの病気により涙がほとんどでない重篤なドライアイもあります。

  

治療

ドライアイの治療

涙と浸透圧を同じにした、生理食塩水タイプの点眼薬、ヒアルロン酸入りの点眼薬、涙点プラグ挿入、ご自身の血液から作製する血清点眼などがあります。