緑内障について(専門外来あり)

緑内障は失明にいたる病気の一つであり、自覚症状がないため知らない間に進行しやすい病気です。
高齢になるほど罹患率が増加し、40歳以上では20人に1人の割合で緑内障の患者様が発症するとされています 。

症状

主な症状は視力低下、視野欠損だが、初期、中期では症状が気づきにくく、眼科や健康診断などで見つかる事が多く、症状が進んだ末期に視力低下によって気がつく事が多い疾患です。早期発見が重要であるため、眼科で定期的な検査でチェックすることが重要です。

原因

眼圧が高くなることにより、眼球奥の視神経がダメージを受けます。
緑内障には原発開放隅角緑内障・原発閉塞隅角緑内障・続発緑内障・正常眼圧緑内障等があります。日本人では眼圧が正常であるにもかかわらず緑内障が発症してしまう正常眼圧緑内障が、緑内障全体の70%とされています。

目の図

治療

まず早期発見が一番重要です。定期的に眼科で眼圧検査、眼底検査、視野検査などを行い、症状が軽いうちに発見し、治療することが望ましいです。
治療法としては、

  • 眼圧を下げる点眼薬を使う
  • レーザーによる治療
  • iStent
iStentは、原発開放隅角緑内障の眼のシュレム管に挿入し、本来の房水の流れに加えてこのiStentを通じて房水を排出させ、眼圧を下げることを目的としています。現在日本では白内障手術時に同時施術を行います。

istent

※一度欠損してしまった視野が回復することはなく、緑内障を進行させないための治療です。

緑内障