円錐角膜について(専門外来あり)

円錐角膜は、角膜が薄くなり、前方に突出してくる病気です。

症状

円錐角膜

軽度の円錐角膜では、普通の近視や乱視と同じ症状が出ます。中等度までの円錐角膜はハードコンタクトレンズによって矯正できますが、重度になるとハードコンタクトレンズでも視力が出にくくなり、角膜の一番出っ張っているところがコンタクトレンズとこすれて痛みがでるために、コンタクトレンズの装用ができず、角膜移植が必要となります。進行の度合いは人により様々で、数ヵ月の間に進行する場合や何年もかけて進行する場合があります。

原因

原因は不明ですが、思春期に発症し男性に多く、アレルギー疾患を有する症例が多いと言われています。

治療

軽度~中等度の円錐角膜に対しては、円錐角膜用ハードコンタクトレンズで視力を矯正します。それでも視力が出ない場合やコンタクトレンズが合わない場合は、角膜内リング、リボフラビン紫外線治療、TGCK、角膜移植手術を行います。
詳しくは円錐角膜についてをご覧ください。

緑内障について(専門外来あり)

緑内障は失明にいたる病気の一つであり、自覚症状がないため知らない間に進行しやすい病気です。
高齢になるほど罹患率が増加し、40歳以上では20人に1人の割合で緑内障の患者様がいらっしゃいます。

症状

主な症状は視力低下、視野欠損だが、初期、中期では症状が気づきにくく、眼科や健康診断などで見つかる事が多く、症状が進んだ末期では視力低下によって気がつく事が多い疾患です。

原因

眼圧が高くなることにより、眼球奥の視神経がダメージを受けます。
日本人においては眼圧が高くないにもかかわらず、緑内障になってしまう正常眼圧緑内障が多いとされています。

治療

まず早期発見が一番重要です。定期的に眼科で眼圧検査、眼底検査、視野検査などを行い、症状が軽いうちに発見し、治療することが望ましいです。
治療法としては、
・眼圧を下げる点眼薬を使う
・レーザーによる治療
・外科的治療
※一度欠損してしまった視野が回復することはなく、緑内障を進行させないための治療になります。

緑内障

加齢性黄斑変性症について
(網膜硝子体専門外来あり)

老化に伴って網膜の「黄斑」という組織の変化が原因で異常が起こる疾患です。
米国では65歳以上の中途失明原因の第1位であり、高齢化や食生活の欧米化に伴って日本でもかかる人が急増しています。
自覚症状がない疾患も多いので、定期的な検診で自分の眼の健康状態を知っておくことが大切です。40歳を過ぎたら、1年に1回は眼科検診を受けましょう 。

加齢性黄斑変性症について

症状

線が歪んで見えたり、視野の中心部分の最も見たいところが見えづらくなります。

原因

老化に伴う疾患です。
老化を引き起こす原因として有力視されているのが活性酸素は、様々な外的要因(紫外線、タバコ、ストレスなど)が刺激となり、過剰に発生してしまう場合があります。

治療

レーザー光凝固
光線力学療法
VEGF阻害剤
サプリメント(ルテイン、β-カロテン)

(ボシュロムジャパン社加齢黄斑変性リーフレットより)

加齢黄斑変性に対する新しい治療『Clear-K』について

老眼について

老眼は目の老化現象で、ピント調節機能が低下することによって起こります。自覚する年齢には個人差がありますが、多くの方は40歳代初めから半ばで近くの見づらさを感じています。

症状

老眼の初期は、夕方になると目が疲れる、近くを見たときにピント合わせに時間がかかるなどの症状があらわれます。手元のものを近づけると見えづらく、少し離すと見やすくなります。進行してくると老眼鏡や遠近両用の眼鏡が必要になります。

老眼

原因

近くを見るときには、目の中の毛様体筋が緊張して水晶体というレンズを厚くすることによってピントを合わせる調節という機能が働きますが、加齢とともに筋肉の働きが低下したり水晶体が硬化したことによります。

治療

老眼にならない方法や、老眼を完全に治す方法はありません。老けて見えるという理由から老眼鏡を嫌う方も多いのですが、調節力が低下しているのに無理して見続けると眼精疲労の原因になります。現在では、LASIK、CKやマルチフォーカル眼内レンズ(白内障手術)などの手術によって遠くも近くも裸眼である程度見えるようにすることが可能になっています。

眼精疲労について

眼精疲労とはストレスの多い現代社会、またライフスタイルの変化による慢性的な目の疲れをいいます。

症状

眼精疲労

ドライアイ、パソコン等のVDT作業、近視・遠視・乱視の屈折異常、老眼、あわない眼鏡やコンタクトレンズのほか、白内障・緑内障・斜視などの目の病気や、目以外の病気などによっても起こります。また、複数の原因が重なって眼精疲労を引き起こす場合もあります。

原因

ドライアイ、パソコン等のVDT作業、近視・遠視・乱視の屈折異常、老眼、あわない眼鏡やコンタクトレンズのほか、白内障・緑内障・斜視などの目の病気や、目以外の病気などによっても起こります。また、複数の原因が重なって眼精疲労を引き起こす場合もあります。

  

治療

原因によって治療方法は異なりますので、まずは詳しい検査を行います。
ドライアイが原因になっている場合は、ドライアイを治療すると症状が改善します。パソコンを長時間使用している方は、パソコンの使用時間を短くしたり、ディスプレイに対する目線の角度などパソコンを使用する環境を改善したりすることにより、眼精疲労が抑えられます。目の状態や使用目的にあわせた眼鏡・コンタクトレンズを装用することも治療になります。他にも目を温めたり、目の体操をしたりすることによって眼精疲労が解消されることもあります。

アレルギー疾患について

アレルギーが関与する目の典型的な病気の1つにアレルギー性結膜炎があります

症状

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎で最も多い症状は眼のかゆみです。この他にも、白目が赤くなる、目やにがでる、目がゴロゴロする、まぶしいといった不快感が現れます。

原因

アレルギー性結膜炎の原因の約半数は、花粉(スギ、イネ科植物、キク科植物)によるものです。他にハウスダスト(家のホコリ)、布団やじゅうたんなどにいるダニやダニの死骸、犬や猫などのペットの毛などで発症する場合もあります。

  

治療

原因を取り除くことが出来ればベストです。家の掃除や布団の手入れをして清潔に保ちましょう。痒みや不快な症状をなくすために、次の薬を使います。

[化学伝達物質遊離抑制薬]
アレルギーの予防薬です。アレルギーを引き起すヒスタミンなどの化学伝達物質の放出を抑制します。

[抗ヒスタミン薬]
アレルギーを引き起すヒスタミンの働きを抑えます。

[ステロイド薬]
炎症を全般的に抑える働きが強いのですが、人によっては緑内障を起こすなどの副作用が起こることもあるので、症状の強い時だけ使用することが望ましい薬です。

PTK(治療的表層角膜切除術)について

PTKとは、エキシマレーザーを角膜混濁した部位に約1分間照射し、混濁を除去する治療です。
角膜混濁による視力低下が認められる場合、視力向上に有効的な治療となります。
当院では、治療的角膜切除に有用な厚生労働省認可のエキシマレーザーを使用しております。

2014年5月より、角膜ジストロフィーや帯状角膜変性に対するPTK(Phototherapeutic Keratectomy)手術が保険適用となりました。

角膜混濁とは

本来は透明な角膜が混濁する疾患を角膜混濁と呼びます。 先天性のものや、傷や眼の疾患による炎症が原因で起こる場合もあります。 混濁が軽度の場合は光を眩しく感じる程度ですが、進行すると視力が大きく低下します。

PTK手術で保険が適用される疾患

・角膜ジストロフィー
・帯状角膜変性

詳細はお電話 03-5772-1451にてお問い合わせください。。

PTK手術前、PTK手術後

翼状片(よくじょうへん)について

白目を覆っている結膜が目頭から角膜の方に伸びてきてしまう病気です。

症状

翼状片(よくじょうへん)症状

伸びてきた結膜が盛り上がるために、ゴミが入ったような異物感が出たり、充血してしまった場合は美容的に気になる方もいらっしゃいます。
進行すると角膜に影響が出て乱視が出現したり、瞳孔にまで及んでしまった場合は視力が出にくくなります 。

原因

紫外線や長年のコンタクト装用など、慢性的に結膜への刺激が多いことが原因とされます。

  

治療

ある程度進行してきた場合は切除や、更に自身の健康な結膜組織の移植を行います。

瞼裂斑(けんれつはん)について

白目を覆っている結膜が盛り上がる病気です。

症状

瞼裂斑(けんれつはん)症状

結膜が盛り上がるために、ゴミが入ったような異物感が出たり、盛り上がった部分が黄色くなったり、充血したり等の症状が出ます。

原因

紫外線や長年のコンタクト装用による結膜へのストレスや、加齢性によるものがあります

  

治療

炎症による充血がある場合は目薬で炎症を抑えます。希望がありましたら除去する手術を行います。

結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)
について

白目を覆っている結膜は眼球の動きに耐えられるように適度な緩みがありますが、加齢性による変化で、その緩みが大きくなり、結膜にシワがよる病気です。

症状

結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)症状

結膜がたるむことによって涙が外に流れ出てしまいます。そのため涙の安定性が損なわれ、涙目やドライアイ等の症状が出たり、まばたきの度にゴロゴロするといった不快感が出ることがあります。

原因

加齢性による変化で起こります。

  

治療

眼の表面の状態によっては目薬で症状が改善されますが、症状が強い場合には結膜のシワを除去する手術を行います。

眼瞼下垂(がんけんかすい)について

瞼(まぶた)が下がり、目を開けようとしても、十分に目が開けられない状態を言います。

症状

瞼が邪魔をして、上の方が見えにくくなります。目を開けようとすると、眉や額に力が入るため、額にシワがよったり、眉があがります。症状が進行すると、顎を上げて無理に見ようとするため、不自然な姿勢になり、眼精疲労や頭痛、肩こり等の症状が出る場合があります 。

原因

先天性(生まれつき)、後天性の眼瞼下垂があり、瞼を上げる筋肉や神経の働きが悪い場合、瞼の皮膚のたるみが原因の場合、瞼の形に問題がある場合など、眼瞼下垂は様々な原因で起こります。

  

治療

眼瞼下垂の治療には手術を行います。

【眼瞼挙筋前転術】
瞼を引き上げる筋肉を瞼版(瞼の縁のかたい組織)に縫い着ける手術です。

【前頭筋吊り上げ術】
筋肉の働きが残っていない場合、額の筋肉と瞼をつなげる手術を行います。

※眼瞼下垂の原因により、手術方法は変わります。

流涙症・涙道手術について

流涙症とは、涙の排出路である涙道(涙点、涙嚢、鼻涙管)が詰まり、正常に排出されないために涙があふれるように出る症状です。

症状

流涙症

涙があふれるように出ます。また眼の周りの皮膚の発赤、痛み、涙嚢炎を生じることもあります。

原因

涙の排水が悪くなる主要な要因は涙道閉塞です。涙道閉塞は主に加齢変化によって起こりますが、感染、顔面の骨折、 蓄膿症など鼻の病気や点眼薬などの薬剤により起こるものもあります。また近年では抗がん剤の副作用による涙道閉塞が話題になっています。 涙道閉塞以外の原因としては涙道が通過する眼瞼の機能不全や加齢に伴う結膜(白目)のたるみである『結膜弛緩症』などがあります。

  

治療

【涙道洗浄】
涙点から涙道に生理食塩水を注入して膿を洗い流します。

【涙管チューブ挿入術】
専用の涙管チューブを挿入し、涙道を再建します。局所麻酔で行えるため、日帰りで治療ができます。 挿入したチューブは外からはほとんど見えず、日常生活も問題なく行えます。チューブは通常2~3カ月後に抜去します。

new!仮性近視・眼精疲労に対する通電治療について

通電治療とは眼の周りに電流を流すことによって近視を治療したり、眼精疲労を改善させる治療方法です。

調節のしくみ

水晶体は厚みを変えることによってピントの合う位置を変える「調節」を行っています。 近くを見るときには毛様体筋が収縮し、水晶体を厚くして近くにピントを合わせます。
近くのものを見続けたり、パソコン等のモニターを長時間見ていると毛様体筋に強い緊張が生じたり、けいれん状態になることによって調節痙攣(仮性近視)や眼精疲労を引き起こします。

対象

通電治療風景
  • お子様の視力低下(仮性近視・調節けいれん)
  • 眼精疲労
  • 眼の下のクマ

治療

通電治療機

通電治療では微弱な電気を放出した電極棒を目の周囲に当て、電気を流していきます。この刺激によって毛様体筋の硬直をほぐし、眼の血流も促すことによって異常な調節状態を治し、調節痙攣(仮性近視)の治療や眼精疲労の改善を目指します。 また、眼の周りの血行が良くなることで、眼の下のクマの改善も期待されます。


治療は健康保険適用外です。自由診療で治療、前後の視力検査を行います。
通電治療+前後の視力検査 2,100円
本「子どもを近視にさせない方法教えます」 600円