VDT検診のご案内

VDTとはVisual Display Terminals の略で、パソコンやテレビなどのモニター機器を指します。 職場やプライベートにおいてVDTを使用する頻度が増えており、それに伴った身体的、精神的疲労をVDT症候群、別名テクノストレス眼症と呼び、日常的にVDT作業を繰り返すことにより症状が慢性化します。


VDT症候群の症状

  • 眼精疲労
  • 視力低下
  • ドライアイ
  • 首、肩、腰の疲れ
  • 疲労感、倦怠感、吐き気、抑うつ状態
VDT検診 5,000円(税込)
所要時間:約1時間

検査項目

1.問診 2.屈折視力検査 3.矯正視力検査 4.眼圧検査
5.調節力検査 6.眼位 7.涙液破壊時間検査 8.染色検査
9.細隙灯顕微鏡検査

検査の詳細について

1.問診

問診にて現在の症状や気になる点をご記入いただきます。


2.屈折視力検査

オートレフラクトメーターという機械を用いて、近視や遠視、乱視の度数を他覚的に測定します。


3.矯正視力検査

遠くと近くの裸眼視力、矯正視力を測定します。また遠くにピントを合わせた状態で近くの見え方を調べ、老眼の進行具合を検査します。


4.眼圧検査

ノンコンタクトトノメーターという機械により、目に空気(風)をあてて目の内圧を測定します。正常値は10~21mmHgです。緑内障などの疾患では上昇することがあります。


5.調節力検査

この検査では近点計という機械を用いて、調節力を測定します。近くのものを見るときは目の筋肉に力をいれ、水晶体をぐっと膨らませピントをあわせます。このピントを合わせる力を調節力といいます。加齢とともに目の筋肉が衰えたり、水晶体が固くなったりすることによって調節力は弱くなります。この検査ではあなたの調節力が何歳くらいなのかわかります。


6.眼位

目の位置、斜視の有無がわかります。


7.涙液層破壊時間検査

目の表面は涙に覆われています。涙の状態が不安定だと目が乾く、ショボショボするなどのドライアイの可能性が高くなります。


8.染色検査

フルオレセインという染色薬を用いて、目の表面に傷がないか確認します。


9.細隙灯顕微鏡検査

スリットランプという機械を使用して主に結膜、角膜、前房、水晶体などに異常がないかを検査します。この検査では角膜の表面の傷、白内障、硝子体の異常の有無などがわかります。


企業ご担当者様へ「VDT検診」のご案内

当院では、企業様に「VDT検診」をご案内しております。
パソコン作業による眼の疲れの相談、対処方法などのアドバイスも可能です。
御社社員様に福利厚生の一環として、ご検討されてはいかがでしょうか。

また、検査内容、診察の時間帯などご相談に応じることもできますので、ご興味がございましたら、以下担当者宛にご連絡ください。

「VDT検診」お問い合わせ:03-5772-1451(担当:渡辺 史郎)




お電話でご予約の際、必ず『VDT検診の受診を希望します』とお伝えください。

電話番号:03-5772-1451