• 20年の医療技術と信頼を提供します。

当院における新型コロナウイルス感染防止対策について

前房型P-IOL(フェイキックIOL)の手術を受けた患者様へ

診療メニュー

【What's New】

2022.11.03
当院では看護師、看護助手、受付コンシェルジュを募集しております。
2022.10.14
当院の副院長の三木恵美子医師が日本国内で11人目のICLエキスパートインストラクターに任命されました。
2022.10.05
年末年始の診療のお知らせ
12月27日(火)午後~1月4日(水)は年末年始の休診日とさせていただきます。(28日水曜日は手術直後の検診のみ予約可)
2022.09.05
当院では看護師と受付コンシェルジュを募集しております。
2022.08.05
戸田郁子医師が米国ベストドクターズ社から医師同士の評価によって選ばれる、The Best Doctors in Japan 2022-2023に選出されました。
2022.05.16
アイケア商品に新しい商品が加わりました!戸田院長、スタッフもおすすめです。
2022.02.25
使い捨てプラスチックごみ削減の取り組みの一環として、2022年4月1日(金)よりレジ袋を有料とさせていただきます。
マイバッグ持参のご協力をお願い致します。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
2021.09.04
網膜硝子体外来担当の篠島亜里医師がアメリカ航空宇宙医学会で日本人として向井千秋宇宙飛行士以来となる受賞をしました。
2021.08.15
他施設での手術に対してお悩みの方に、セカンドオピニオン外来を開設しました。
2021.05.10
戸田郁子院長が安心レーシックネットワークの代表に就任しました。
今後も協力施設とともにレーシックについての正しい情報提供を行って参ります。
2021.01.08
新型コロナウイルス感染対策強化のため
手術・外来診療へのお付き添いの方は原則1名に限らせていただきます。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

>> What's Newバックナンバーを見る

南青山アイクリニックと Quality of Vision

戸田院長 南青山アイクリニックは、1997年に眼科専門医により本格的な屈折矯正手術専門施設として開院しました。 以来、レーシックを中心に科学的な根拠に基づいた上質な医療を提供できるよう、日々邁進してまいりました。

当院の経営理念は、
「患者様に最高のQuality of Visionを提供する」です。

職員一同微力ながら、プラスの医療をとりいれつつ、地域医療に貢献してゆく所存です。 どんな小さな眼の不具合でもご相談いただければと思います。患者様のQuality of Visionの向上のために、今後も鋭意努力してまいります。

南青山アイクリニック院長 戸田 郁子

南青山アイクリニック
3つの取り組み

1 疾患の治療

病気の治療を行い、症状や失明を防ぎます。マイナスをゼロにする治療です。

2 予防医療

予防医療:症状のないうちに疾患の早期発見、早期治療を行います。正常状態(ゼロ)を保つ医療です。

3 プラスの医療

視力矯正治療やアンチエイジング医療によってより良い生活(Quality of Life)を提供します。