• 20年の医療技術と信頼を提供します。

当院における新型コロナウイルス感染防止対策について

診療メニュー

【What's New】

2021.09.23
9月25日(土)18:30より加藤直子医師による「円錐角膜治療のオンライン説明会」を開催予定でしたが、
大変申し訳ございませんが、クリニックの都合により延期となりました。
日程が決まり次第ご連絡いたします。
2021.09.04
網膜硝子体外来担当の篠島亜里医師がアメリカ航空宇宙医学会で日本人として向井千秋宇宙飛行士以来となる受賞をしました。
2021.08.19
2021年10月末までに眼科ドック(20,000円)を受診された方に、簡易アレルギーチェック(2,000円)のオプションを無料でご案内いたします。
2021.08.19
2021年10月末まで、VDT健診(5,000円)を3,000円でご案内いたします。
2021.08.15
他施設での手術に対してお悩みの方に、セカンドオピニオン外来を開設しました。
2021.07.18
日曜日午後、月曜日は比較的予約に余裕がございます。
定期検診などぜひご利用ください。
2021.05.10
戸田郁子院長が安心レーシックネットワークの代表に就任しました。
今後も協力施設とともにレーシックについての正しい情報提供を行って参ります。
2021.03.22
ドライアイの治験に参加してくださる患者様を募集しています。
詳しくはこちらをクリックしてください。
   
2021.01.08
新型コロナウイルス感染対策強化のため
手術・外来診療へのお付き添いの方は原則1名に限らせていただきます。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
2020.12.26
6歳未満の乳幼児の診察について「乳幼児感染予防策加算」を厚生労働省の定めにより算定することになりました。
2020.11.07
【選定療養】で多焦点眼内レンズの白内障手術がおこなえるようになりました。選定療養とは、追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。 12月上旬開始予定です。
2020.10.24
11月より近視進行抑制の専門医師による、『近視進行抑制専門外来』を開始致します。
2020.05.31
戸田郁子医師が米国ベストドクターズ社から医師同士の評価によって選ばれる、The Best Doctors in Japan 2020-2021に選出されました。

>> What's Newバックナンバーを見る

南青山アイクリニックと Quality of Vision

戸田院長 南青山アイクリニックは、1997年に眼科専門医により本格的な屈折矯正手術専門施設として開院しました。 以来、レーシックを中心に科学的な根拠に基づいた上質な医療を提供できるよう、日々邁進してまいりました。

当院の経営理念は、
「患者様に最高のQuality of Visionを提供する」です。

職員一同微力ながら、プラスの医療をとりいれつつ、地域医療に貢献してゆく所存です。 どんな小さな眼の不具合でもご相談いただければと思います。患者様のQuality of Visionの向上のために、今後も鋭意努力してまいります。

南青山アイクリニック院長 戸田 郁子

南青山アイクリニック
3つの取り組み

1 疾患の治療

病気の治療を行い、症状や失明を防ぎます。マイナスをゼロにする治療です。

2 予防医療

予防医療:症状のないうちに疾患の早期発見、早期治療を行います。正常状態(ゼロ)を保つ医療です。

3 プラスの医療

視力矯正治療やアンチエイジング医療によってより良い生活(Quality of Life)を提供します。